「18歳選挙権」適用で前回より1万4015人増 福島県有権者数

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県選管は9日、衆院選の有権者(選挙人名簿登録者)数(同日現在)を発表した。「18歳選挙権」が初めて適用されたため、計162万6069人で2014(平成26)年12月の前回より1万4015人増加した。

 男性は79万1805人(前回比1万1255人増)、女性は83万4264人(同2760人増)。選挙区別では、改正公職選挙法による区割り変更で西郷村が4区に編入された3区が27万4738人(同1万5047人減)と唯一減少した。1区は41万8251人(同4157人増)、2区は35万2861人(同7902人増)、4区は24万8007人(同1万4286人増)、5区は33万2212人(同2717人増)だった。

 海外有権者は1270人

 県選管は10日、海外に居住し県内に住民票を持つ在外選挙人名簿登録者総数(10日現在)を発表、海外の有権者数は1270人(男性559人、女性711人)だった。

 県内小選挙区別では、1区が405人で最多、2区267人、5区220人、4区194人、3区184人と続いた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区