福島1区当選・金子恵美氏、民進系無所属で「新会派」参加へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 衆院福島1区で民進系無所属として当選した金子恵美氏が25日、岡田克也元副総理(元民主党代表)ら民進党系の無所属衆院議員らで結成する衆院の新会派「無所属の会」に参加する方針を固めた。同会派は岡田氏のほか野田佳彦元首相、江田憲司元民進党代表代行ら十数人で構成する構えで、国会審議などで一定の影響力を持つ見通し。

 国会審議の運営は政党ではなく、質問時間の配分などは会派単位で行われる。金子氏がベテランを中心とした会派に所属することで、委員会での質問の機会などが得られる利点がある。

 金子氏は福島民友新聞社の取材に対し「民進党所属の無所属でいきたい。国会で発言するには会派入りはあり得る。一人会派ではない」と述べ、新会派への参加を示唆した。26日にも正式決定する見通し。

 岡田氏は都内で開かれた会派結成に向けた会合後、福島民友新聞社などの取材に応じ、「金子議員にも会派参加の声を掛けている」と述べた。岡田氏は、3区の玄葉光一郎氏にも会派入りを打診していることを明かした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区