玄葉光一郎代表「県連組織、当面は維持」 民進党福島県連

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 民進党県連の玄葉光一郎代表は25日、福島市で開かれた連合福島の定期大会で、衆院選で同党所属議員が希望の党、立憲民主党、無所属に分かれたことに伴う福島県連を含めた地方組織の在り方について「当面は維持されるものと考えている」との認識を示した。

 組織の在り方についての検討の進め方としては「民進党の両院議員総会や各県連と話し合い決めていくと思う」とし、全国や県内で自民党の対立軸となり得る勢力の確立に引き続き注力する考えを語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区