希望の党・小池代表続投表明 小熊慎司氏が政権交代「確認」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は25日、国会内で開いた両院議員懇談会で、50議席獲得にとどまった衆院選の不振を謝罪した。終了後、自らの出処進退に関し記者団に「創業者としての責任があり、続けていきたい」と述べ、続投を表明した。

 希望の党の両院議員懇談会に出席した小熊慎司衆院議員(比例東北)は25日、福島民友新聞社などの取材に対し「安倍一強にはゆがみがあり、国民のための政治ではない。希望の党は非自民、非共産の立場で政権交代を目指すことを確認した」と述べた。