金子恵美氏「混乱収めて今後の議論を」 民進党・両院議員総会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 民進党が27日に都内・党本部で開いた両院議員総会には、本県から参院の増子輝彦氏(福島選挙区)と、衆院の新会派「無所属の会」に入った金子恵美氏(福島1区)が出席した。金子氏は総会終了後、福島民友新聞社などの取材に「地方組織も含め、今まで通りの民進党であるということを了とした」と述べ、衆院議員は分裂したものの、党はこれまで通り維持されるとした。

 また、今後の方向性を定めた上で辞任する意向を表明した前原誠司代表に対し、金子氏が「できるだけ早く、新体制で今後の議論を進めてほしい」と総会で要求したことを明らかにし、党の混乱を早急に収め、特別国会に臨むべきだとの考えを示した。

 増子氏は報道陣の問いかけに「私から答えることはない」とコメントした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ