いわきFC、無傷の開幕6連勝 サッカー福島県社会人リーグ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【いわきFC―信夫DREAM】前半17分、いわきFCのFW向山(左)が先制ゴールを決める=いわき市・新舞子フットボール場

 サッカーの県社会人リーグは18日、各地で2、3部の計3試合が行われ、Jリーグ参入を目指す2部のいわきFC(いわき)はいわき市の新舞子フットボール場で信夫DREAM(県北)と対戦、11―0で大勝し、無傷の開幕6連勝を飾った。

 いわきFCは序盤からサイド攻撃を中心に相手ゴールに迫り、前半でFW向山の先制ゴールを含む5点を挙げた。後半にも着実に得点を重ね、6点を奪った。

 向山ハット「満足せず狙う」

 「決められる場面もあった。満足せず、さらに得点を狙っていきたい」。いわきFCのFW向山風也は先制ゴールを含む3得点の活躍を見せたが、今後に向け、自らの気を引き締めた。

 雨の中での一戦。人工芝には雨水がたまり、「ボールが止まったり、伸びたりするので難しかった」と振り返るが、パスの蹴り出しの力を変えたり、ボールを浮かせてドリブルをするなどして対応。高い位置を保って得点機にゴール前に走り込み、好機をものにした。

 向山は「全国大会も近い。プレーへの意識と技術を高め、得点で貢献していきたい」と力を込めた。

民友セレクション