いわきFC監督や選手らが登場 着物リメイクコレクション

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
衣装を着て登場したハウストラ監督(左)と大倉社長(右)、選手たち

 着物を再利用した服のファッションショー「イワキキモノリメイクコレクション2016」は23日、いわき市のパレスいわやで開かれた。来場者が、モデルが着た趣向を凝らした一着にじっくり見入った。

 同市を拠点にサッカーJリーグ入りを目指す、いわきFCを運営するいわきスポーツクラブの大倉智社長、同FCのピーター・ハウストラ監督やメンバーらモデルたちが個性あふれる衣装を身にまといステージに立った。

 また、勿来幼稚園の子どもたちが、絵を描き入れた、着物の裏地を使った服を着て登場したほか、成人式の際に着用した着物を使用した服を着た夫婦など、それぞれが思い思いの衣装で参加した。来場者は季節ごとに演出されるステージ上で紹介されるスカートやワンピース、バッグなど多彩な作品を見ながら、着こなすモデルたちに拍手を送っていた。

 イベントは着物リメイク服製造のRin(いわき市)の主催で、衣装は同社が製作したもの。