「スポーツで地域活性」 いわきFC・大倉社長がクラブ構想紹介

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポーツを通した地域活性化への思いを語る大倉氏

 サッカーのJリーグ参入を掲げるいわきFC(県社会人リーグ2部)を運営するいわきスポーツクラブの大倉智社長は26日、いわき市の読売いわきビルで開かれた読売新聞・福島民友新聞いわき地区販売店主会議で講演し、同クラブの構想などを紹介した。

 チーム発足以後、躍進を続けるいわきFCの方針や将来像を広く知ってもらおうと、同会議が主催。同日の講演で、大倉氏は映像を交えながら、いわき市にクラブ設立した経緯やスポーツを通した地域づくりなどについて話した。

 大倉氏は、いわきFCの目標について「スポーツを通じて地域を豊かにする地域活性化のモデルになりたい」と熱く語り掛けた。聴講者はスポーツビジネスが盛んな米国の現状や日本のスポーツビジネスの可能性などに理解を深めるなど、講演から多くのことを学んでいた。