「全国社会人選手権」いわきFC、22日出陣 JFLへ3位以内必要

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 サッカーの第52回全国社会人選手権大会は21日、愛媛県で開幕する。将来のJリーグ参入を目指す東北代表のいわきFC(県社会人リーグ2部)は22日に愛媛県の新居浜市営サッカー場で行われる1回戦で、札幌蹴球団(北海道)と対戦する。午後0時20分開始予定。

 同大会は「日本フットボールリーグ(JFL)昇格」に向けて、県、東北大会に続くいわきFCの第3関門。社会人チームなど計32チームが出場し、22日から5日間にわたるトーナメントで熱戦を繰り広げる。

 大会には、サッカー日本代表元監督の岡田武史氏がオーナーを務め、四国サッカーリーグを制したFC今治(愛媛県)や、関東サッカーリーグ1部優勝で、羽中田昌監督率いる東京23FCなど、JFL昇格を目指す強豪が集う。今後、いわきFCが今シーズンでのJFL昇格を決めるためには、同大会で3位(条件によっては4位)以内に入り、JFL昇格への最終関門「全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016」への出場が不可欠となる。

 同チャンピオンズリーグでは、同大会上位チームに加え、全国の各地域リーグ優勝チームなど計12チームが出場。4チームごと3組の1次ラウンド、1次ラウンドの成績上位4チームによる決勝ラウンドの両リーグ戦が行われ、決勝ラウンドの上位2チームがJFLへの参入権を獲得できる。