『スポーツの産業化を』 いわきスポーツクラブ・大倉社長が展望語る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
講演する大倉社長

 いわき経済同友会は25日までに、いわき市のいわきワシントンホテル椿山荘で2月例会を開き、いわきスポーツクラブ(いわきFC)の大倉智社長が同市の今後のスポーツ産業の発展について語った。

 会員約50人が出席。大倉社長が「いわき市とスポーツ産業・いわきFCとの連携の中で」をテーマに講演した。

 大倉社長は先日発表されたいわきFCの新体制についても紹介した。

 大倉社長は「これからのスポーツはしっかりと産業化することが必要」と語った。また、いわきFCに新加入した選手たちについて「フィジカルスタンダードを変えるという理念に共感して入ってきてくれる選手が多い」と期待を込めて話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

渡部恒三氏「二大政党は応援」 恒三節健在!野党再編冷静分析