いわきFC拠点視察 地方創生担当相、6次産業施設も

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
大倉社長から説明を受ける山本地方創生担当相(左)=いわき市・いわきFCフィールド

 山本幸三地方創生担当相は8日も引き続き視察で県内を巡り、サッカー県社会人リーグ1部のいわきFCを運営する、いわきスポーツクラブがいわき市で建設を進めているクラブハウスなどを訪れた。

 同スポーツクラブ社長でチームの総監督も務める大倉智氏の案内で建設工事現場や練習場「いわきFCフィールド」などを見て回り、ユニホームやタオル、福島民友新聞社が出版したチーム初のオフィシャルブックを受け取った。

 また同市にある農産物の6次産業施設「農と食の体験ファーム ワンダーファーム」も訪れた。視察後、記者団に「地元企業や団体がトマト生産やスポーツでいわきを日本一の都市にするという目標を掲げて頑張る姿を見て、復興に向かう再生意欲を感じた」と感想を語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区