いわきFC決勝進出、大会連覇へ クラブサッカー福島県大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【いわきFC―NC倶楽部】後半、競り合いながらヘディングシュートを放ついわきFCのMF新井〈8〉=相馬市・相馬光陽サッカー場

 サッカーの全国クラブチーム選手権県大会は13日、相馬市の相馬光陽サッカー場で準決勝2試合を行い、大会連覇を目指す県社会人リーグ1部のいわきFCは2―0でNC倶楽部を下し、決勝進出を決めた。決勝は14日に同サッカー場で行われ、いわきは同じく準決勝を突破したVIOLET'S信夫DREAMと対戦する。

 県サッカー協会などの主催。決勝進出の両チームは秋田県で9月23、24の両日行われる東北予選会への出場権も得た。

 いわきは前半9分、左からのクロスにMF植田裕史が頭で合わせ先制。後半19分には、FW吉田知樹からのパスをペナルティーエリア内で受けたDF青木悠弥が右足で決め、突き放した。いわきはサイド攻撃を中心に繰り返した後、相手守備の乱れを突いて中央でのパス、ドリブルに切り替えるなど試合を優位に運んだ。

 NC倶楽部はカウンター攻撃を狙ったが、いわきの守りを崩せなかった。