U-18最終選考に25人挑む いわきFC、メンバー入りアピール

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
メンバー入りを目指して最終選考に臨んだ中学生

 サッカー県社会人リーグ1部のいわきFCを運営するいわきスポーツクラブは28日、いわき市のいわきFCフィールドでU-18(18歳以下)チームの最終選考会を開き、25人がメンバー入りを懸けアピールした。

 県内に加え、神奈川県や茨城県から参加した中学3年の男子生徒約50人が1次選考に臨み、選抜された25人が最終選考に進んだ。

 参加者はランニングやボール回しで体を動かした後、ミニゲームに挑んだ。いわきFCの田村雄三監督らが1次選考のフィジカルテストの結果を踏まえながら、動きなどから総合的に判断した。

 田村監督は「いわきFCでプレーしたいと思ってもらえ感謝している。高い能力を持つ子どもがいるので育てていきたい」と話した。

 選考結果は近日中に参加者に伝えられる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ