いわきFC、17日にJ1・仙台と「慈善試合」 多彩にイベント

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 サッカーのいわきFC(県社会人リーグ1部)が、17日にいわき市のいわきグリーンフィールドで行う、東日本大震災復興支援チャリティーマッチを盛り上げるイベントが決まった。

 当日は午後1時すぎから応援ライブやパフォーマンスを展開。J1ベガルタ仙台と対戦する午後3時の試合開始前には、来場者のパンフレットで観客席に色文字を浮かび上がらせる「コレオグラフィー」に挑戦し、観客席をチームカラーの「キングレッド」に染める。

 「WALK TO THE DREAM」と題し、会場限定のチャリティーTシャツも販売する。試合収益の一部と合わせて東北の被災地に寄付する。

 チャリティーマッチはいわきスポーツクラブ、県サッカー協会の主催、NPO法人いわきサッカー協会の後援、I&Iグループの協賛。

 チケットは全席共通(自由席)で、前売り券1000円、当日券1500円。中学生以下は無料。前売り券は、チケットぴあ、セブン―イレブン、サークルKサンクスの各コンビニの店舗端末のほか、JRいわき駅前のラトブ2階のアンダーアーマークラブハウスいわきラトブ、いわきFCパーク内の「レッド&ブルーカフェ」で取り扱っている。