いわきFC躍動 J1仙台と復興支援試合、観衆が熱い声援

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ベガルタ仙台陣内に攻め込み、シュートを放ついわきFCの久永翼選手(中央) =17日午後、いわき市・いわきグリーンフィールド

  サッカーのJリーグ参入を目指すいわきFC(県社会人リーグ1部)とJ1のベガルタ仙台は17日、いわき市のいわきグリーンフィールドで、東日本大震災復興支援チャリティーマッチ「2017WALK TO THE DREAM」を行った。

 雨の中、約2400人の観衆が躍動する選手を東北復興の道に重ね合わせ、熱い声援を送った。

 いわきスポーツクラブ、県サッカー協会の主催、NPO法人いわきサッカー協会などの後援、I&Iグループの協賛。

 試合は前半27分に先制されたいわきがすぐさま同点に追いついたが、前半終了間際に失点。後半は両チーム無得点に終わり、1―2で敗れた。

 会場ではチャリティーオークションや応援ライブが行われるなど、多くの人でにぎわった。