いわきFC、14日にエリースFC東京戦 全国社会人サッカー選手権

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福井県で13日に開幕する「第53回全国社会人サッカー選手権大会」に2年連続で出場する県社会人リーグ1部のいわきFCは12日、1回戦のエリースFC東京戦(14日)に向け、試合が行われる坂井市で約1時間30分間、調整した。

 選手は12日午前にいわき市を出発、午後に坂井市に入った。初戦は午前10時に同市のテクノポート福井芝生広場でキックオフ。エリースFC東京は今季、関東1部リーグで10チーム中最下位。

 大会には全国9地域社会人サッカー連盟の代表チームと開催都道府県代表の計32チームが出場、5日間にわたりトーナメントで頂点を争う。

 ◆JFL昇格への道

 いわきがJリーグ参入の第1関門と位置付ける来季の日本フットボールリーグ(JFL)昇格を決めるには、「全国地域サッカーチャンピオンズリーグ(CL)2017」で上位2チームに入ることが条件。同リーグは、13日開幕の全国社会人選手権大会(全社)の上位チームなどに出場権が与えられるため、いわきが自力でCL出場権を獲得するには、全社で3位以内を確保する必要がある。

 ただ、全社に出場するVONDS市原FC(関東リーグ1部)、サウルコス福井(北信越リーグ1部)、鈴鹿アンリミテッドFC(東海リーグ1部)、アミティエSC京都(関西リーグ1部)、高知ユナイテッドSC(四国リーグ)、テゲバジャーロ宮崎(九州リーグ)の6チームは各地域リーグを制し、既にCL出場権を獲得している。

 このため6チームのいずれかが全社で3位以内に入った場合、4位チームにもCL出場権が与えられる。CLには全社上位チームと全国9地域リーグの優勝チームを加えた計12チームが出場する。1次ラウンドと決勝ラウンドを行い、上位2チームにJFL参入権が与えられる。

 ◆全試合をネット配信

 いわきFCを運営するいわきスポーツクラブは14~18日、いわきFCホームページ上のインターネット配信サービスで第53回全国社会人選手権大会のいわき戦全試合を生中継する。視聴無料。14日初戦の試合中継は午前10時から。

 また、いわき市常磐上湯長谷町のクラブハウス「いわきFCパーク」ではいわき戦全試合のパブリックビューイングを行う。パブリックビューイングの問い合わせは、いわきFCパーク運営室(電話0246・43・2677)へ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「22日は衆院選投票日です」 福島の学生に『投票』呼び掛け