いわきFC準決勝へ、南葛SCに2-0 全国クラブサッカー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【いわきFC―南葛SC】前半17分、右CKを頭で合わせて先制ゴールを決めるいわきFCのMF金(中央)=岩手県・遠野市国体記念公園市民サッカー場

 サッカーの第24回全国クラブチーム選手権大会第2日は29日、岩手県遠野市の同市国体記念公園市民サッカー場などで準々決勝4試合が行われ、連覇を目指すいわきFC(東北第1代表、県社会人リーグ1部)は南葛SC(関東代表、東京都社会人リーグ2部)を2―0で破り、準決勝に進んだ。

 いわきは30日、遠野運動公園陸上競技場で行われる準決勝で、開催地代表のヌ・ペーレ平泉前沢(岩手県社会人リーグ1部)と対戦する。午前11時開始予定。

 縦横無尽「金」の輝き

 雨でぬれたピッチの上できっちりと役目を果たしたのはいわきFCの15番。MF金生大(キムデセン)は前半17分、ゴール前の位置で右CKで上がってきたボールを頭で合わせ、先制点を刻んだ。「しっかり勝つことができて良かった」と先制ゴールを喜んだ。

 サッカー漫画「キャプテン翼」の原作者高橋陽一氏が後援会長を務める南葛SC戦は、右サイドハーフで先発。先制ゴールを引き出そうと前半4分にクロスをゴール前に上げたと思えば、DF2人と同じくらいの位置にまで下がってボールを受けるなど積極的な動きでボールに絡んだ。後半からは左に守備位置を変更し、広い範囲を動き回り、勝利に貢献した。