いわきFC「完全V」 福島県社会人リーグ1部、無失点で全勝

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
今季公式戦最終戦を終え、サポーターと共に喜びを分かち合ういわきFCイレブン=いわき市・いわきFCフィールド

 サッカーのいわきFCは5日、いわき市のいわきFCフィールドで今季最後の公式戦となる第43回県社会人リーグ1部第4節に臨み12―0でバイオレッツ信夫ドリーム(県北)を下した。

 1部10試合を無失点で全勝し、完全優勝で締めくくった。

 いわきは来季、東北社会人リーグ2部に昇格する。同2部は、J1を頂点とする国内サッカーのリーグ分けで上から6番目に相当する。

 いわきは前半6分、DF山下宏輝のクロスからFW飯干雄斗が先制。同13分にも飯干が決めると、同20分にMF井原楓人、同22分に飯干、同26分にFW高柳昂平、同40分にMF久永翼が立て続けにゴールネットを揺らした。

 6―0で折り返した後半は、山下と飯干が2ゴールずつ挙げ、DFウェリントン・オリベイラも1得点。試合終了間際に高柳が自身2点目を決めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第48回衆議院議員選挙・福島選挙区