田村雄三監督「攻撃サッカー今後も」 いわきFC・2年目総括

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
田村雄三監督

 5日に今季公式戦の全日程を終えたいわきFCの田村雄三監督は、チーム結成2年目となる今季の総括と来季の目標を語った。

 ―今季を振り返って。
 「まだシーズンが続いていてほしかったが、JFLにつながる全国社会人選手権に敗れてしまい、かなわなかった。(チームが掲げる)前に行く力や、個々の強さ、能力とサッカーを融合させる部分の意識付けは前進した。上積みできるようもっと積極的に、力強くできるよう取り組みたい」

 ―来季の課題は。
 「選手が前へ行くという意識ができた中で、戦術と合わせて細かい部分に取り組んでいきたい。止めて蹴る、決定力などの個々の能力は向上させていきたい」

 ―監督として1年目を終えて。
 「サッカーに大事なことを意識させていきたいと思い取り組んできた。『魂の息吹くフットボール』という、自分たちの目指すスタイルを確立できるよう、そして見ている人が勇気をもらえるような、ワクワクするような攻撃的サッカーを今後も展開していきたい」

 ―サポーターからの応援をどう感じたか。
 「選手一人一人の名前、顔入りの横断幕を作ってもらい、アウェーや県外にも駆け付け、応援してもらい感謝している。皆さんの声援が僕たちを勇気づけている。引き続き共にいわきFCをつくっていけたらと思う」

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ