加藤ミリヤさんがいわきFC応援歌「WALK TO THE DREAM」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
いわきFC応援ソングを披露する加藤ミリヤさん=2日午後、いわき市・いわきFCフィールド

 歌手の加藤ミリヤさんが制作に関わったいわきFCの応援歌「WALK TO THE DREAM(夢に向かって歩こう)」が2日、いわき市のいわきFCフィールドで初披露された。

 同フィールドで行われた今季のJ2王者湘南ベルマーレとの練習試合のハーフタイムで加藤さん本人が登場し、サポーターを前に歌い上げた。

 この未来を追いかけてく―。歌詞には「サッカーを通じていわき市を東北一の都市にする」というチームの理念が込められ、アップテンポな曲調が、会場を盛り上げた。同チームを運営するいわきスポーツクラブの大倉智社長(48)は「ミリヤさんがチームの理念に賛同してくれて実現できた。感謝しかない」と話した。

 「勇気もらい頑張りたい」

 選手会長のFW菊池将太選手(24)は「この曲から勇気をもらい、さらにチームが強くなり、自分も活躍できるように頑張りたい」と感謝。湘南サポーターでこの日、試合観戦に訪れた神奈川県鎌倉市の会社員の男性(53)と女性(43)は「応援歌もできて、これから一体感が生まれていくのだと思う」と話した。

 同クラブは今後、クラブハウスのいわきFCパークなどで曲を流していく。楽曲のリリースや配信は未定。湘南戦は応援歌を力にいわきFCが3―2で勝利した。