自ら考え行動、「自己実現」目標 いわきスポーツクラブ初会合

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「自己実現型」人間としての成長と日本一のチームづくりを示した大倉社長

 いわきスポーツクラブが9日、いわき市のいわきFCパークで開催した初会合では、今年を日本一のチームづくりを進める1年として位置付け、選手、スタッフが自ら考え行動することで自己実現を図っていくことを目標に掲げた。

 選手、スタッフ約40人が出席した。チーム総監督の大倉智社長が、「選手、スタッフの成長と日本一の環境づくりを進め、人材育成や競技力向上で、地域を輝かせる存在になる」と話し、2月に挑む初の国際大会や天皇杯県大会などチームの日本一につながる試合について「圧倒して、全勝する」と選手を鼓舞した。

 また、いわき市を東北一の都市にするというクラブ理念の実現に向けて、スポーツの産業化を通じたまちづくりを進めていくことを確認した。

 インスタで情報発信

 いわきスポーツクラブは、ファン獲得に向けて、全選手が「インスタグラム」などのソーシャルネットワークサービスで情報を発信していく。

 ソーシャルメディアを活用し、身近な存在として情報を発信することで集客アップにつなげる。8日のキックオフミーティングで示した。