いわきFC、3社とビジネスパートナー契約

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 サッカーのいわきFCを運営するいわきスポーツクラブは2日、セーフティサービス(いわき市)生活協同組合パルシステム福島(同)渡辺組(同)の3社とビジネスパートナー契約を結んだと発表した。

 いわきFCとオフィシャルパートナー、ビジネスパートナーなどを締結した企業は福島民友新聞社など27社になった。

 セーフティサービスのロゴはトップチームのビブスに、生活協同組合パルシステム福島のロゴはU―18(18歳以下)とU―15チームの公式ユニホーム袖に、渡辺組のロゴはガールズチームの公式ユニホームのパンツにそれぞれ刻まれる。

 ガールズチームのユニホームにロゴが入るのは初めて。