いわきFC、ハワイ国際大会出場で市長親書 両都市の強い絆期待

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
清水市長からハワイ州カウアイ郡長への親書を預かる大倉社長(前列右)=3日午後、いわき市・いわきFCパーク

 いわきFCの米ハワイ州ホノルルで8日(日本時間9日)から初開催される国際大会「パシフィックリム・カップ2018」出場に合わせて、米ハワイ州カウアイ郡と国際姉妹都市を結んでいるいわき市は3日、いわきスポーツクラブにバーナード・カバーロ郡長宛ての親書を手渡した。

 親書は、チームの訪問で両都市の絆が強まることを期待する内容。新体制発表会の席上、清水敏男市長が大倉智社長に親書を託した。

 清水市長は「いわきのチームがハワイの地で大活躍することを願う」と激励した。親書は6日(日本時間7日)、大倉社長がカウアイ郡を訪れ、カバーロ郡長に手渡す。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進