公式戦デビュー・吉田篤『一発』 チーム初の国際大会で決める

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【コロンバス―いわき】後半32分、クロスを受けて、チーム3ゴール目を決めるいわきのFW吉田篤

 公式戦デビューがチーム初の国際大会。いわきFCの高校生ストライカーが大舞台で一発を決めた。「FWとして点を取りたいだけだった。ゴールできてうれしい」と18歳のFW吉田篤志(山形商高3年)は喜びの表情を見せた。

 後半出場の吉田篤は、最前線で自分にボールを集めるようアピール。2点を追う後半32分、DF高橋大河(尚志高卒)が放った左サイドからのクロスを走り込んだ中央で受け、利き足ではない右足でそのままシュート。「狙ったわけではなく、感覚で放ったシュート」と公式戦初ゴールを振り返った。

 ピッチに送り出した指揮官からも「堂々とプレーしていた」と高く評価された吉田篤。「試合やハワイキャンプを通じてもっと体力をつけなければならないと感じた。試合にも早く慣れたい」。チームの新戦力として向上心を強めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ