いわきFC本領発揮 19歳新戦力が鮮烈デビュー、東北社会人2部

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【いわきFC―会津オリンパス】後半20分、6点目を決めるいわきFCのFW吉田篤(18)=いわき市・いわきFCフィールド

 14日に行われた東北社会人サッカーリーグ2部南の初戦を大勝で飾ったいわきFC。後半に大量点を奪い、会津オリンパスには最後まで反撃を許さなかった。いわきは前半15分にFW小野瀬恵亮のヘディングシュートで先制。前半は2点リードにとどまったが、後半に持ち味の攻撃力を発揮。後半だけで7点を奪う圧勝で、昇格後のリーグ戦でも実力を見せた。

 吉田篤、勝利に貢献

 19歳の新戦力が鮮烈なリーグ戦デビューを飾った。今春、山形商高を卒業し、いわきFCに加入したFW吉田篤志が後半からの出場にもかかわらず、2ゴール1アシストの活躍で勝利に貢献した。

 初の国内公式戦出場だったが「硬さはなかった」と吉田篤。最初の見せ場は後半11分、MF吉田知樹のパスに左足を合わせて初ゴールを決めると、同20分には右サイドから攻め上がり、巧みなフェイントで相手DFをかわし再び左足を振り抜いた。「FWの役割は点を取ること。前へ前へ攻める攻撃ができた」と冷静に振り返った。

 前半、チームは22本のシュートを放ったが、わずか2得点。統率された会津オリンパスの守備に決定機を逃す場面が続いた。「自分の役割は、相手の裏に抜け、守備陣を困らせること」。得点だけでなく、積極的な仕掛けは相手守備陣を揺さぶり、途中出場で試合の流れも変えた。

 高校時代、進路に悩んだがいわきの充実した育成環境にひかれた。「いわきなら自分は成長できる」と入団を決意。日々のトレーニングや試合のスピード感にはまだ慣れない部分もあるが、懸命に自分の役割を模索する。今の目標は「天皇杯でのベンチ入り」と控えめだが、「試合に出たら得点したい」とそのチャンスを待ちわびる。