いわきFCにマイクロバスなど7台贈呈 I&Iグループ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
贈呈された車両を前に佐藤代表から鍵のオブジェを受け取る大倉社長(左)

 I&Iグループは20日、サッカーJリーグ入りを目指す、東北社会人リーグ2部南のいわきFCに、トヨタ製マイクロバスなど7台を贈呈した。

 同グループとチームはオフィシャルパートナー契約を結んでいる。贈呈したのは、29人乗りと24人乗りの2種類の「コースター」と、「アルファード」「ヴォクシー」を各1台、「プリウス」3台の計7台。車両にはいわきFCのロゴマークがあしらわれたほか、チームカラーの「KING(キング)レッド」と「湊(みなと)ブルー」に塗装されている。

 同グループの佐藤修朗代表、チームを運営するいわきスポーツクラブの大倉智社長がそれぞれあいさつし、鍵の形をしたオブジェが手渡された。

 佐藤代表は「いわきFCは子どもたちの育成にも力を入れている。少しでも自分たちが役に立てれば」とあいさつ。大倉社長は「全国を巡ることにもなるかもしれない。安全に運行していきたい」と述べた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ