いわきFCが連覇 天皇杯サッカー県代表決定戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 サッカーの第23回県選手権大会・天皇杯JFA第98回全日本選手権県代表決定戦は13日、福島市のとうほう・みんなのスタジアムで決勝が行われ、いわきFC(いわき市、東北社会人リーグ2部南)が、特別シードで決勝から登場の福島ユナイテッドFC(J3)に2―1で勝ち、2年連続で天皇杯の切符を手にした。

 3年連続で同じ顔合わせとなり、過去2年間の戦績を1勝1敗で迎えた決勝。

「90分間止まらない、倒れない」サッカーでJチームに真っ向勝負を挑んだいわきは試合開始直後、FW小野瀬恵亮が先制。

さらに前半終了間際にはMF熊川翔が追加点を挙げ、リードを広げた。

後半には1点を失ったが、リーグ戦で好調を維持する福島に勝利した。

 天皇杯全国大会は26日開幕。いわきは同日、いわき市・いわきグリーンフィールドで行われる1回戦で宮城県代表と対戦する。午後1時試合開始予定。