いわき旋風!MF・熊川『決勝弾』 天皇杯・福島県代表決定戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島ユナイテッドFC―いわきFC】前半41分、ゴール前で2点目となるシュートを放ついわきのMF熊川=とうほう・みんなのスタジアム

 いわきFC(東北社会人リーグ2部南)が、福島ユナイテッドFC(J3)を2―1で下し2連覇を飾った13日の第23回県選手権大会・天皇杯JFA第98回全日本選手権県代表決定戦決勝。いわきは前半に奪った2点のリードを守り抜き、2年連続で県王者に輝いた。いわきは26日、いわき市のいわきグリーンフィールドで行われる宮城県代表のソニー仙台FCとの天皇杯全国大会初戦に挑む。

 チーム最速を誇る"韋駄天(いだてん)"がいわきを連覇に導いた。今季のヤマ場の一つとなった試合でMF熊川翔は、左サイドからの果敢な突破から1ゴール1アシストの活躍。「みんなが天皇杯に懸けていた。県代表になれて素直にうれしい」とチームの勝利を喜んだ。

 50メートル6秒01の走力を生かし、フィールドを駆け回った。「相手の裏を抜ければチャンスが生まれる。思い切って行こう」と再三の仕掛けで、福島の守備陣をかき乱し好機を次々と生んだ。前半3分にDF榎本滉大のパスをセンターライン付近で受けると、福島の守備陣を振り切り先制点につながるクロスを上げた。同41分には福島GK堀田大暉にシュートをはじかれたが、こぼれ球をすかさず左足で押し込み2点目を奪う。

 「自分のストロングポイント(強み)は足の速さ」。そう自負する俊足MFは90分間走りきることがチームの勝利につながると、この試合も最後までボールを追い続けたが、後半は福島の猛攻に押されて自慢の攻撃力は影を潜めた。それだけに試合後、「勝ちたい気持ちから守りに入ってしまった」と精神面の弱さも口にした。

 「90分走りきって、全国では相手を圧倒したい」。連覇にも浮かれることなくレベルアップを誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ