「成長が加速」手応え いわきFC監督に聞く、天皇杯・26日初戦

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
選手たちに指示を出す田村雄三監督

 サッカーJリーグ参入を目指すいわきFC(東北社会人リーグ2部南)は26日、いわき市のいわきグリーンフィールドで第98回天皇杯JFA全日本選手権の初戦に臨む。

 いわきFCの田村雄三監督に、天皇杯初戦に向けた意気込みを聞いた。

 ―天皇杯の位置付けは。
 「チームにとって日本で一番大きい大会の一つ。自分たちのサッカーがどこまで通用するか、試されることになる」

 ―前回大会からの変化は。
 「前回大会でJ1のコンサドーレ札幌に勝ったことや、今回本戦に出られたこと自体は大きなことではない。ただ、選手たちが自分たちのやってきたことが間違っていないと思い始めていて、成長が加速している」

 ―ソニー仙台FCの印象は。
 「フォーメーションなど、自分たちと似たようなチームという印象。技術的には向こうが上。組織だったサッカーは仙台が上回るが、選手の強さや個性はいわきの方が上回っていると思う」

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

小林愛さん「アンバサダー」委嘱 福島県知事選投票率アップへ