いわきFCV3全国へ 全国社会人サッカー東北予選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【いわきFC―FC Sendai】前半37分、決勝点となる先制ゴールを決めるいわきFCのFW平岡〈10〉=岩手県フットボールセンター

 サッカーの第54回全国社会人選手権大会東北予選会は30日、岩手県フットボールセンターで代表決定戦が行われ、いわきFC(東北リーグ2部南)がFC Sendai(宮城県・仙台大、東北リーグ2部南)を1―0で下し、大会3連覇で全国大会出場を決めた。

 いわきは前半37分、FW平岡将豪がクリアボールを拾い先制のゴールを奪った。守備では相手のカウンター攻撃に素早い切り替えで対応、1回戦、準決勝に続き無失点とした。

 別グループの代表決定戦は富士クラブ2003(岩手県、東北リーグ1部)がFCガンジュ岩手(岩手県、東北リーグ1部)を3―0で下した。

 全国大会は10月19日、茨城県鹿嶋市などで開幕する。

 いわきは第23回県選手権大会・天皇杯JFA第98回全日本選手権県代表決定戦、第54回全国社会人選手権県大会に続き、今季三つ目のタイトルを獲得した。

 いわきFCが前半に挙げた1点で押し切った。いわきは前半37分、相手ゴール前での混戦でクリアボールを拾ったFW平岡が右足を振り抜き先制。

 いわきは後半に入ってからも攻め続け、平岡やFW小枇らが相手ゴールに迫った。FC Sendaiはカウンター攻撃で反撃を試みたが、いわきの素早い守備の連係とGK坂田の好セーブが光った。