いわきFC選手支える『食』紹介 専属栄養士・田中さんが講演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
いわきFCの選手たちを支える食について紹介する田中さん

 いわき市は1日、市総合保健福祉センターで食育講演会を開いた。サッカーいわきFC専属栄養士で、ドームアスリートハウスの田中初紀(はづき)さんが選手たちを支える食について講演した。

 スポーツクラブで実践している栄養管理や戦略について学び、スポーツや部活動に取り組む子どもたちの栄養管理に生かしてもらう狙い。市民ら約50人が参加した。

 田中さんは同クラブで実践する取り組みを紹介しながら「選手たちが高いパフォーマンスを発揮するためには土台となる基礎体力の向上が必要」とし、「選手個人に合った栄養を摂取できるよう、食事の際はそれぞれ量やバランスを計算しながら提供している」と、スポーツ選手の身体をつくる上での栄養バランスの重要性を説いた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進