連携強化へ...米アンダーアーマー、いわきFCパーク視察

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
選手たちの練習風景を視察するウィンスパーさん(右端)とワッツさん(左端)=いわきFCパーク

 サッカーのいわきFCを運営するいわきスポーツクラブはアンダーアーマーの国内総代理店のドーム国内拠点として、米アンダーアーマー本社と選手の能力強化や管理向上へ連携をさらに深める。同社でスポーツ選手のパフォーマンス管理と分析に携わるスタッフが3日、いわき市のいわきFCパークを訪れ、身体能力強化や管理方法を視察した。今後はアンダーアーマーといわきFCの持つノウハウを共有しながら効果的な練習法などの確立を目指す。

 同社のパフォーマンス管理部門責任者のポール・ウィンスパーさんとマイケル・ワッツさんが選手たちの練習を視察。大倉智社長と育成方針などについて意見を交わした。

 ウィンスパーさんは「トップレベルの施設。他のチームにとっても、いいモデルになる」、ワッツさんは「選手たちは集中して練習に取り組んでいるように感じた」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

内堀知事初登庁「2期目」スタート 挑戦を進化...復興創生前進