いわきFC選手らが現場視察 福島第1原発の廃炉作業

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
手たちが廃炉の状況について理解を深めた福島第1原発視察

 東北社会人サッカーリーグ1部のいわきFC(いわき市)は1日、東京電力福島第1原発の廃炉作業の現場を視察した。選手らは廃炉の状況を確かめ、プレーで本県を盛り上げられるよう気持ちを新たにした。

 同FCを運営するいわきスポーツクラブが毎年実施し、今年は全28選手、スタッフの計40人が参加した。

 バスで構内を巡り、廃炉に向けた作業などについて説明を受けた。また、大型休憩施設で昼食を食べた。初めて廃炉資料館も見学し、田村雄三監督は「次の世代に伝えていく環境が整ってきていることも知った」と話した。

 平沢俊輔主将は「廃炉に真剣に向き合っている人たちの存在を改めて感じた。福島県でサッカーをしている以上、事故をしっかりと知った上でプレーしていきたい」と気持ちを引き締めた。