【動画】氷の芸術「氷筍」が出現 喜多方・山都で見学ツアー

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

【動画】写真の上にマウスを乗せると、
動画下に再生ボタンが表示されます

 喜多方市山都町の山中の洞穴で冬期間、出現する氷の柱「氷筍(ひょうじゅん)」を見学するツアーが15日に開かれ、氷の芸術が見学者を魅了した。同市山都地区グリーン・ツーリズム推進協議会の主催。

 氷筍は洞穴の天井から水滴が落ち続け、地表が氷点下になると、現れる造形物。山都地区の山中で冬の間、条件がそろえば見ることができる。氷筍は昨年、同協議会が「山都七不思議」に認定し、ツアーは認定後では初めて。見学者は同地区の雪の龍ノ山稜線(りょうせん)を約2時間かけて越え、山中の大小2カ所の洞穴を見学。大きな洞穴には約200本の氷筍ができていた。高さ約1.5メートルにまで成長した氷筍もあり、見学者は写真を撮りながら、見入っていた。

 〔 許可を得て洞穴内部から撮影しています 〕