【動画】「玉音放送原盤」初公開 昭和天皇、肉声近い音声

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

【動画】写真の上にマウスを乗せると、
動画下に再生ボタンが表示されます

 8月15日で太平洋戦争の終結から70年を迎えるのを前に、宮内庁は1日付で、1945年に昭和天皇がラジオで終戦の詔書を読み上げた「玉音放送」について、原盤レコードの音声を初めて公開した。報道機関には原盤の撮影も認めた。

 これまでテレビ番組などで放送された音声はいずれも複製。これと比べ、原盤はテンポが速く、録音時間が10秒ほど短い4分30秒だった。声が高く明瞭なほか、抑揚なども昭和天皇の肉声により近いことが、宮内庁が今回に合わせて行った調査で判明した。また、皇居の防空壕(ごう)として建設され、昭和天皇が戦争終結を決断する舞台となった「御文庫付属室」についても、内部や外観の写真と映像を公開した。(共同)

  【音声】 昭和天皇の「玉音放送・原盤レコード」音声(4分30秒:WMA形式)
       ( ノーカットで音声を聞くことができます! )