【動画】ドローンが白熱の「神旗争奪戦」 南相馬で巧みな操縦

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

【動画】写真の上にマウスを乗せると、
動画下に再生ボタンが表示されます

 県内各地を会場にした大規模文化祭「マジカル福島」は6日、最終日を迎えた。このうち南相馬市原町区の雲雀ケ原祭場地では、「ドローンインパクトチャレンジ南相馬市」と「ロボテスわっしょい秋祭り/アニメレスキューアカデミア制作発表会」が開かれ、来場者が小型無人機ドローンのレースやロボットのデモンストレーションなどを楽しんだ。

 小型無人機ドローンを使ったレース大会では、世界トップクラスのパイロットによる白熱したレースが繰り広げられた。また、同祭場地が相双地方の夏の風物詩「相馬野馬追」の神旗争奪戦会場でもあることから、ドローンによる「神旗争奪戦」も行われ、パイロットたちが「御神旗」を目指しドローンを巧みに操縦した。

 このほか、会場ではロボットの展示や体験、福島ガイナックスによるアニメ「レスキューアカデミア」の制作発表会も開かれた。