【動画】女優・松岡茉優さん「求められる俳優に」 独特の存在感

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

【動画】写真の上にマウスを乗せると、
動画下に再生ボタンが表示されます

 少女のような柔らかな笑顔を見せたかと思うと、次の瞬間には、強い意志を宿した大人の顔がのぞく。くるくると変幻自在の表情を見せる松岡茉優。21歳の瞳はまっすぐに先を見据え、しっかりとした足取りで未来へと歩を進める。

 「人を笑顔にしたい。それがこの仕事をしている理由です」。どんな作品にも自然体で溶け込むが、なぜか気になる独特の存在感が多くの人々を引き付けてきた。最近は俳優業以外にも活躍の場が広がり、お茶の間にも浸透。「あの役のあの子か」と過去の出演作を思い返して驚いた人も少なくないだろう。

 2008年にテレビ東京系「おはスタ」のおはガールとして本格デビュー。映画「桐島、部活やめるってよ」やNHK連続テレビ小説「あまちゃん」など話題作に出演し、演技に磨きをかけてきた。

 目指すのは「この役にはあの人しか思い浮かばないと思ってもらえる、求められる俳優」だ。「今年は頼ってもらえるような、地に足が着いた俳優として、一人の人間として成長していきたい」(共同)