【スライド動画】聖光学院、センバツ「16強」逃す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

【動画】写真の上にマウスを乗せると、
動画下に再生ボタンが表示されます

 第90回選抜高校野球大会第5日は27日、甲子園球場で2回戦が行われ、聖光学院は東海大相模(神奈川)に3―12で敗れ、16強入りを逃した。

 聖光学院は、初回に先頭の田野孔誠が四球で出塁すると横堀航平の左前二塁打で無死二、三塁と好機を広げた。続く矢吹栄希は一ゴロに倒れたが、送球の隙を突き三走田野が本塁に突入、足を使った攻撃で1点を先制した。しかし、その裏に先発高坂右京が立ち上がりを狙われ、3点本塁打を浴びるなど一挙6点を奪われリードを許した。1回途中から登板した上石智也は8回まで粘投した。