【スライド動画】「鶴ケ城」でライトアップ始まる 桜が咲き始め

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

【動画】写真の上にマウスを乗せると、
動画下に再生ボタンが表示されます

 会津若松市の鶴ケ城公園で6日、園内のライトアップが始まった。咲き始めた桜が天守閣とともに、あでやかに浮かび上がっている。ライトアップは5月6日まで。

 時間は日没から午後9時30分まで(落花後は同8時30分まで)。

 滝が流れ落ちるように美しい花を咲かせることで知られる二本松市東新殿の桜の名所「合戦場(かっせんば)のしだれ桜」が6日、七分咲きとなり見ごろを迎えている。

 濃いピンク色が特徴で、2本のベニシダレザクラが重なり合うように立つため「夫婦(めおと)桜」とも呼ばれ周囲に植えた黄色い菜の花と美しい色合いをつくり出している。名前は平安時代にこの場所が合戦場になったことに由来している。ライトアップも行っており、本点灯の9~25日は午後6時30分~同9時30分に点灯する。

 富岡町夜の森地区の桜並木のライトアップが6日、始まった。「桜のトンネル」が闇夜に浮かび上がる幻想的な光景をつくり出し、訪れた人を魅了している。

 ライトアップは15日まで毎日午後6時~同8時に行われる。