【スライド動画】列車としだれ桜が『共演』 会津地方などで桜見ごろ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

【動画】写真の上にマウスを乗せると、
動画下に再生ボタンが表示されます

 JR只見線会津柳津駅から三島町方面へ向かう線路沿いに、十数本のシダレザクラの並木が続く。満開の桜の下を列車が進む風景を楽しめる。近くには観光名所として知られる福満虚空蔵菩薩円蔵寺もある。柳津観光協会によると、見ごろは今月下旬ごろまで。

 喜多方市の廃線となった旧国鉄日中線跡約3キロにわたり、約1000本のシダレザクラ並木が続く。15日現在、北側の日当たりが良い場所は五分~八分咲きで、一部「桜のトンネル」が見られる。一方で南側は咲き始めの場所も多く、喜多方観光物産協会によると、見ごろは18日ごろから。同路線を走っていた蒸気機関車(SL)も展示されている。

 桑折町遅咲き桜の名所。半田沼を囲むヤマザクラ、ソメイヨシノなど、さまざまな桜が見ごろを迎えようとしている。開花時期が変わることから長く楽しめる。山野草も観賞できる。