【スライド動画】えんむすび桜など 猪苗代、西会津で見ごろ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

【動画】写真の上にマウスを乗せると、
動画下に再生ボタンが表示されます

 猪苗代町の磐椅神社で推定樹齢800年の鳥居杉と"縁を結んだ"宿り木のヤマザクラが「えんむすび桜」と呼ばれる。桜の実を食べた鳥のふんから根付いたと考えられる。縁結びを願って訪れる人も多い。境内の大鹿桜も開花を待つ。

 西会津町奥川の地域起こしグループ「高揚塾」が、奥川に千本の桜を植えようと提唱。希望集落の一つ・山浦自治区に苗木を提供、地区内の清流・山田川沿い800メートルに「思川桜」「河津桜」約100本を植えた。

 会津初代藩主の保科正之公をまつった猪苗代町の神社。正之公に縁の深い信州高遠町から寄贈されたタカトウコヒガンザクラがあり、カスミザクラやソメイヨシノと白い大鳥居のツーショットを楽しむこともできる。