【スライド動画】喜多方でオリンピックデーラン、参加者と交流

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

【動画】写真の上にマウスを乗せると、
動画下に再生ボタンが表示されます

 喜多方市の押切川公園スポーツ広場で1日、バレーボールの大林素子さんら五輪に出場経験のある8人がスポーツを通して参加者と交流を深めた「2018オリンピックデーラン喜多方大会」。約千人が、バスケットボールやバレーボールなどの上達するこつを学ぶスポーツ教室や、五輪種目の体験やジョギングなどのイベントに参加し、スポーツの楽しさを満喫した。

 参加した五輪経験者

 大林素子(バレーボール)高平慎士(陸上)岡里明美(バスケットボール)松本弥生(水泳)三井梨紗子(シンクロナイルズドスイミング)小塚崇彦(フィギュアスケート)大菅小百合(スピードスケート)両角友佑(カーリング)