minyu-net

県内ニュース ホーム スポーツ 連載 社説 イベント 観光 グルメ 健康・医療 購読申込  
 | 福島民友ニューストピックス写真ニュース震災・原発関連県内選挙おでかけ四季の花だよりおくやみ情報ニュースカレンダー
 
帰還住民、買い物便利に 都路に商業施設2店舗開所

帰還住民、買い物便利に 都路に商業施設2店舗開所

目当ての商品を手に、うれしそうに買い物をする帰還住民でにぎわう岩井沢店=6日、田村市都路町

 原発事故に伴う避難指示が1日解除された田村市都路地区で6日、公設商業施設「Domo(ど〜も)」が2店舗オープン。初日から帰還住民が大勢訪れ、お目当ての品を買い求めた。
 開店したのは古道、岩井沢両地区の各1店舗。市が帰還住民の生活支援と交流の場確保のため整備した。来店した女性(78)は「自宅から歩いて来られ、近所の人にも会える」と喜んだ。
 同日、古道店と岩井沢店それぞれの店舗でオープニングセレモニーが行われた。冨塚宥市長はあいさつで「店のオープンにより地域のにぎわいと絆が生まれる」と期待を込め、渡辺辰夫都路町商工会長は「3年間、地域住民や商工関係者は苦労したがようやく一歩を踏み出せた」と感慨深げ。冨塚市長や赤羽一嘉経済産業副大臣、村田文雄副知事ら関係者がテープカットし、住民帰還とまちのにぎわい復活に向けた新たな一歩を祝った。
 施設には都路商工会に加盟する小売店5店が商品を出品、肉や魚、野菜などの生鮮食料品や生活用品などを販売。商工会員で構成する都路町商業施設協議会が運営する。店舗内には椅子やテーブルを備えたお茶のサービスコーナーも設けた。同協議会の石井得一会長は「住民にあって良かった、と思ってもらえる店舗にしていきたい」と今後のサービス充実に向けて意気込みを語った。営業時間は午前9時から午後7時まで。
(2014年4月7日 福島民友ニュース)



 

福島民友新聞 購読ご案内

ご購読のお申込

会社案内
会社概要|▶支社・支局のご案内|▶窓の投稿
広告局のページ|▶福島民友愛の事業団
社内見学|▶移動編集局|▶民友メールアドレス
福島民友NEWSmart


  minyu-netメニュー | ホーム | 県内ニュース | スポーツ | 連載 | 社説 | イベント | 観光 | グルメ | 健康・医療 | 購読申込 |

福島民友新聞社
〒960-8648 福島県福島市柳町4の29

個人情報の取り扱いについてリンクの設定について著作権について

国内外のニュースは共同通信社の配信を受けています。

このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。copyright(c) THE FUKUSHIMA MINYU SHIMBUN