minyu-net

県内ニュース ホーム スポーツ 連載 社説 イベント 観光 グルメ 健康・医療 購読申込  
 | 福島民友ニューストピックス写真ニュース震災・原発関連県内選挙おでかけ四季の花だよりおくやみ情報ニュースカレンダー
 
突風で第1原発・建屋カバー破損 空間線量に変化なし

 東京電力福島第1原発事故で大破した1号機を覆う建屋カバーの解体作業で、東電は28日、カバーの屋根部分に穴を開けて放射性物質の飛散防止剤を注入している際、突風の影響でカバーの一部が破れたと発表した。東電は作業を中断した。東電によると、カバー破損により、同原発の敷地境界などで空間放射線量に変化はない。県も「敷地外周辺の線量測定装置の数値に目立った変動はない」とした。
 作業は午前6時すぎから開始。クレーンにつり下げた装置で屋根部分に30センチ四方の穴を開け飛散防止剤を注入中、突風が吹いて装置が揺れ、幅約1メートル、長さ約2メートルの三角形状(面積約1平方メートル)にカバーが破れた。カバーはポリエステル製で表面に樹脂が塗ってある。東電は「強度検査では問題はなかった」としている。
(2014年10月29日 福島民友ニュース)



 

福島民友新聞 購読ご案内

ご購読のお申込

会社案内
会社概要|▶支社・支局のご案内|▶窓の投稿
広告局のページ|▶福島民友愛の事業団
社内見学|▶移動編集局|▶民友メールアドレス
福島民友NEWSmart


  minyu-netメニュー | ホーム | 県内ニュース | スポーツ | 連載 | 社説 | イベント | 観光 | グルメ | 健康・医療 | 購読申込 |

福島民友新聞社
〒960-8648 福島県福島市柳町4の29

個人情報の取り扱いについてリンクの設定について著作権について

国内外のニュースは共同通信社の配信を受けています。

このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。copyright(c) THE FUKUSHIMA MINYU SHIMBUN