福島県富岡「準備宿泊」9月17日開始 政府、町側の要請受け入れ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 政府の原子力災害現地対策本部は16日、東京電力福島第1原発事故で全域が避難区域となっている富岡町で、避難指示解除を判断するための準備宿泊を9月17日から始めると発表した。期間は避難指示の解除まで。町は来年4月の一部帰還開始を目指している。

 政府は準備宿泊について当初、実施中の特例宿泊と継続して今月21日から始める意向を示していたが、町からの見直しの提案を受け入れた。特例宿泊は予定通り21日で終了するため、自宅への宿泊は準備宿泊が始まる9月17日までできない。
 準備宿泊の対象は居住制限、避難指示解除準備の両区域の3860世帯9679人(7月12日現在)。

 対策本部の後藤収副本部長は、郡山市で開かれた町との協議後「避難指示解除に向けた課題をさらに整理したい」と述べた。宮本皓一町長は「町の復興の第一歩だ」と語った。

 準備宿泊を巡っては、町民から放射線に対する不安の声が相次いだほか、町議からは「21日からの開始は時期尚早」との意見が続出。これらを踏まえ宮本町長は政府に対し、10月に町営診療所の開設などを控える中での町民の墓参りなども考慮し「秋の彼岸時期の実施が適当」と提案していた。

民友セレクション