渋滞量、前年比18%増 お盆時期の福島県内高速道

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東日本高速道路(ネクスコ東日本)が17日発表したお盆時期(6~16日)の高速道利用状況によると、県内の東北道で起きた10キロ以上の渋滞は前年より1回多い10回だった。

 最長は福島松川スマートインターチェンジ―国見インターチェンジ(IC)間で15日に発生した26・2キロ。常磐道に10キロを超える渋滞はなかった。

 渋滞の長さや渋滞の時間から算出した「渋滞量」は481キロ時で前年より18%増えた。同社は渋滞量が増えたことついて、11日が祝日となり、12日を含めて連休を取る人が多かったことなどを要因とみている。

民友セレクション