夜空と海辺を照らす...鎮魂の花火 いわき・四倉海岸で3000発

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
夏の夜空を彩った花火

 「四倉鎮魂、復興花火大会」は16日、いわき市の四倉海岸で開かれ、約3000発を超える花火が夜空を焦がした。

 東日本大震災で被災した四倉地区の復興をはじめ、福島第1原発事故からの避難者との交流や共生、いわきに元気を届けようと毎年開催している。

 四倉中ブラスバンドが演奏。式典では震災犠牲者への供養が行われた。上仁井田子どもじゃんがらが、じゃんがら念仏踊りを奉納。フラダンスやよさこいなど多彩なアトラクションが繰り広げられた。

 台風7号の影響で開催時間が早まり、小雨が降る中で花火が打ち上げられたが、夜空と海辺を鮮やかに彩った。訪れた人たちは復興に願いを込めながら鎮魂の花火を見上げていた。

民友セレクション