立木千手観音が開帳 福島県会津坂下、恵隆寺で例大祭

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
観音像に手を合わせる参拝客

 「会津ころり三観音」の一つ、立木千手観音で有名な恵隆寺の例大祭は17日、会津坂下町塔寺の同寺で始まった。国指定重要文化財の同観音が開帳され、御利益を求める参拝客でにぎわっている。18日まで。

 同観音は会津三十三観音にも数えられる同寺の本尊。平安時代に弘法大師が巨木の枝を切り、根が付いたままの立ち木に像を彫ったとされる。高さは約8.5メートルで、一本彫りの木像では国内最大の高さを誇る。

 開帳法要後に観音像がお目見えし、参拝客は手を合わせて無病息災などを祈っていた。

 18日は午前10時と午後2時の法要後、約1時間参拝できる。開帳は例大祭のほか、元日と2月の節分の年3回行われる。問い合わせは恵隆寺(電話0242・83・3171)へ。

民友セレクション