TEDx登壇者に農家や学芸員ら8人 会津若松で9月18日、アイデア世界発信

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 会津若松市で9月18日に開かれる、多様な分野の登壇者(スピーカー)がアイデアを発信する世界的なイベント「TEDx(テデックス)」のスピーカーが、18日までに決定した。

 海外からは、原発事故をきっかけに放射線量の測定データなどを提供する米国のボランティア団体「セーフキャスト」を設立したピーター・フランケン氏ら、本県からは「会津農書を語り継ぐ会」(会津若松市)の農業長谷川純一氏、県立博物館主任学芸員の小林めぐみ氏、ソーシャルメディア研究所代表(福島市)の熊坂仁美氏ら8人が登壇する。

 テデックスは、「世界に価値あるアイデアを広める」という理念を持つTED(テッド)を母体とし、167カ国で開かれているイベント。スピーカーは18分以内で独自のアイデアを提案する。インターネットなどで公開されており、世界で強い影響力を持つ。

 テデックス会津若松は、新たな世界観や福島、会津の姿を発見するという意味が込められた「Open your eyes」がテーマ。会津大3年の杉井雄大さん(20)、同大発ベンチャー企業・アイズジャパンの山寺純社長(47)が主催しており、聴講者を公募している。問い合わせ、応募はホームページへ。

 スピーカー次の通り

 長谷川純一(伝統野菜農家、会津農書を語り継ぐ会会長)熊坂仁美(ジャーナリスト、ソーシャルメディア研究所代表)ジェイク・マイリック(米セコイア酒創始者、杜氏)ピーター・フランケン(コンピューターエンジニア、セーフキャスト設立者)亀井潤(マテリアルデザイナー)有於原愛和(ありおらあな、デザイナー)ジェイソン・スー(台湾立法院議員)小林めぐみ(県立博物館主任学芸員)

民友セレクション