建設現場彩る児童の絵 「屋内水泳場」仮囲いに35枚展示

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
工事現場に展示され、市民らの目を楽しませている児童の絵画作品

 郡山市の陰山建設・八光建設特定建設工事共同企業体は19日までに、同市の開成山プール跡地に建設している「仮称・郡山市屋内水泳場」の仮囲い壁面に、地元の開成小、芳山小の児童が描いたアクリル画計35枚が展示され、市民らの目を楽しませている。

 北工高生が設置協力

 同企業体が、児童らの独創的な絵を通して屋内水泳場のイメージアップを図ろうと、両校に依頼。絵画の取り付けは、陰山建設にインターシップ研修で参加した郡山北工高2年生4人が協力した。

 展示作品は、児童が水の中の物語や宝物、未来の郡山などテーマに、縦90センチ、横120センチサイズの化粧板に描いた。アクリル画の展示期間は、2017(平成29)年3月までの予定。

民友セレクション